外来種の雑草は、要注意

 |  |  | 0

こんにちわ!何でもworksのヤマサキです。
本日の作業は、草むしりになります。

雑草って夏になると一気に伸びてしまって
害虫や野良猫や野良犬を寄せ付けてしまいますよね。
本当のところは、延びる前にひと狩りしたいところですが、
忙しくて草抜きできてない方がほとんどです。

何でもworksなら年中無休で行いますのでお気軽にご相談ください。

 

 

延びてしまうと草抜きも一苦労ですし、
草刈り機をもちいて作業なんてできませんしね。
飛び石等もあるので住宅が近くにあると窓ガラスや車など
付近のものを傷つけてしまう恐れがあるので使用不可になりますので
手で駆除しないといけないですね。

大阪では、この頃30度越えばかりで、熱中症の恐れもありますので
無理をなさらず 何でもworksに ご依頼ください。

また雑草の中にも成長するととげがびっしりになり触れないほどの雑草もありますので
その際は、事前にそのような雑草があると教えてください。

アメリカオニアザミ という外来種 は特に要注意です。

こちらの外来種は、当たっただけでとげが刺さってきます。

そのとげも針みたいに硬く鋭いです。成長する前は、紫色の花を咲かせ非常に綺麗ですが

徐々にとげをもつようになり、茎も4-5CMくらいに成長させ、扇状に開いていくので

とても厄介です。成長する前に、対処したい植物になります。

 

今回もそのような雑草があり、途中作業を中断して器具をご用意し、駆除しました。

作業時間は1時間半程度で終了しました。

 

 

空き地や庭などすこし使わなくなった時に雑草が生えだし
気づいたときにはぼうぼうで手入れの使用がなくなる そんな事案も見てきました。

雑草にも色々種類があり、周りに数を増やしていくタイプと
根っこを太くしていくタイプとありますが後者の根を太くするタイプは、
草むしりにとって脅威であり、時間がかかってしまします。

また過去に空き地の草むしりの依頼で訪れた際、雑草の中に木が混じっており
抜こうに抜けない状態もありました。
その時は根っこ付近でのこぎりで切断させて頂きましたが、
成長する前に空き地の手入れを行っていたら根っこから抜くことができます。

自分で植えてないのに、自分がしなければならないのは気が進まないかもしれませんが
雑草が成長するにあたって、害虫、野良猫などの近隣住民に迷惑がかかり
最悪、通報される などもありますので、そうならないためにも日頃から綺麗にすることが大事です。

 

また草抜き等おこなった後に除草剤や防草シート、除草シート など

雑草に対しての対策も行いますのでお気軽にご相談下さい。

 

 

 

本日の作業のアフターがこちらになります。

 

地面も見ることができなかったお庭がこちらの通り綺麗になりました。

こちら裏庭になるんですが、虫がすごくなりだし、どうにかしたいと思っていたところ

何でもworksにお電話くださました。作業中も、ムカデや毛虫など色々な虫と遭遇しました

雑草があるところには、虫は寄ってくるんだなと思います。

 

 

 

何でもWORKS

電話番号:090-8526-1098

営業時間:24時間営業

八尾市本町1丁目4-10

定休日:年中無休

 

まずは相談してみよう!

直接電話でお問合せ!

専用フォームからお問合せ!

LINE@予約