【休業のご案内】

大変申し訳御座いません。
現在何でもワークスは、スタッフ不足に伴い休店しております。


再開の目処が立ちましたら、ホームページにて改めてご案内を致します。



引越し(一人暮らし・単身)の費用を抑えるコツは?相場や注意点を解説

 |  |  | 0

一人暮らしの引越し費用は、工夫しだいで節約できます。

とは言え、どんな方法で費用を抑えられるのか分からない人も多いのではないでしょうか。

今回は、一人暮らし・単身の引越し費用の相場や、安く済ませるコツを紹介します。

一人暮らしの引越しで気をつけるべきポイントも解説しますので、就職や進学、転勤で引越し予定のある一人暮らしの人はぜひ参考にしてくださいね。

一人暮らし・単身の引越し費用の相場はこのくらい

一人暮らし・単身の引越し費用の相場はこのくらい

一人暮らしでの引越しでもっとも一般的な方法と言えば、引越し会社に依頼することではないでしょうか。

引越し会社に単身での引越しを頼んだ場合の相場は、約3万円~9万円と言われています。

料金相場に幅があるのは、引越し料金に定価というものがないからです。引越し先までの距離や荷物の量などで個別に見積もりを出してもらうことになります。

具体的に平均値を出すと、下記ほどの料金となります。

距離(目安)

単身:荷物小

単身:荷物大

15km未満

(同市区町村内)

35,000

46,000

50 km未満

(同都道府県内)

40,000

49,000

200 km未満 

(同一地方内)

45,000

62,000

500 km未満 

(近隣の地方)

53,000

79,000

500 km以上 

(遠方の地方)

62,000

95,000

荷物量の目安としては下記のとおりです。

・荷物小:軽トラック1台分(約5立方メートル)

・荷物大:1.52トントラック1台分(約1011立方メートル)

なお、時期によっても引越し会社の料金は変わります。

就職や進学などでの引越しが集中する24月は1年の中でもっとも引っ越しが多い繁忙期で、料金は高くなります。

一方で、それ以外の51月の期間は、引越しのタイミングが各人でバラけるため引越し料金も安くなる傾向があります。

一人暮らし・単身の引越しを安く済ませるコツ

一人暮らし・単身の引越しを安く済ませるコツ

先ほどあげた料金相場はあくまでも一般的なものです。

一人暮らし・単身の引越しの場合、工夫したり、発想を変えたりすれば、費用を安く済ませられます。

 

 

まず、荷物はなるべく減らす

大前提として、荷物はなるべく少ないほうが引越し費用は安くなります。

なぜなら、荷物が減れば引越し業者の見積り価格も下がりますし、後ほど紹介する引越し業者以外に頼む方法も使えるからです。

とくに遠方へ引越す場合はどうしても料金が高くなるので、不用品は処分しておく、引越し先で家具を購入するなど、なるべく荷物を減らす工夫が必要です。

 

 

単身向けパックを利用する

荷物が少ない人であれば、「単身向けパック」を利用する方法がお得です。

単身向けパックとは、決められたサイズのコンテナボックスに載せた荷物を輸送してくれる引越しサービスです。

大手引越し会社や大手宅配業者でサービスが提供されています。

単身向けパックは訪問見積もりが不要で、1つのコンテナに載せきれる量の荷物であれば、引越し会社のプランよりも5,000円~数万円ほど安い料金で荷物を運べます。

ただし、1つのコンテナに載せられる荷物の量は限られています。

コンテナの平均的な大きさは、「高さ170cm×100cm×奥行き100cm」ほどです。

荷物の量がダンボール10箱以下の場合や、大型の家財道具がない場合に向いている方法と言えるでしょう。

 

 

宅配便を利用する

さらに荷物が少ない人の場合は、宅配便を利用する方法がお得です。

かさばる物だけを宅配便で引越し先に送り、自分で持てるものは自家用車や公共交通機関で運びます。

手間はかかりますが、少しでも安く引越しがしたい場合は有効な方法と言えるでしょう。

 

 

自力で引越しする

荷物の量はそれなりにあるものの、とにかく安く引越したい場合は、自力で引越しをする選択肢もあります。

レンタカー代や手伝ってくれる人への謝礼などの費用はかかりますが、引越し業者に依頼するよりも安く済む場合が多いと言えます。

手伝ってくれる人が見つからない場合は、一部の作業を街の便利屋(何でも屋)に依頼しても良いでしょう。

便利屋は時間料金で動いてくれる業者が多いため、近距離での引越しであればそれほど費用もかかりません。

 

 

引越し料金が安くなる時期を選ぶ

どうしても引越し業者を利用したいのであれば、繁忙期(24月)を避けると見積もり料金が安くなります。

就職や進学などで引越し時期が決まっている場合は使えない方法ですが、引越し時期を自分で調整できる場合は有効な方法です。

一人暮らしの引っ越しをする際の3つの注意点

一人暮らしの引っ越しをする際の3つの注意点

せっかく安い費用で引越しできても、トラブルが起きてしまえば、かえって高くついてしまうこともあります。

一人暮らしの引越しをスムーズかつ安全に済ませるために、以下に紹介するようなポイントに注意しましょう。

 

 

しっかりとスケジュールを決めておく

引越しでは、荷物を運ぶ以外にもやることがたくさんあります。

スムーズに引越しを済ませるためには、下記のようなことも忘れずに計画を立てておくことが大切です。

・荷造り

・現在住んでいる賃貸住宅の解約手続き

・引越し業者やレンタカーの手配

・電気、ガス、インターネットなどの解約・移転手続き

・役所での各種手続き

・荷解き

引越し前にできる手続きは先に済ませておくと、新居と旧居を行ったり来たりして無駄な交通費を使うこともなくなります。

また、荷造りするときは、すぐに使う物は整理して箱詰めしておくことが大切です。使いたい物がどこに入っているか分からず、買って間に合わせるような状況を避けられます。

 

 

貴重品や壊れ物の取り扱いに気をつける

引越し当日のトラブルとしてよくあるのが、貴重品の紛失や家財道具の破損です。

預金通帳や実印などの貴重品は必ず自分で持ち運び、他の荷物に紛れ込まないように気をつけましょう。

また、壊れやすい精密機器なども、なるべく自分で持ち運ぶことをおすすめします。持ち運びが難しい場合は、引越しを手伝ってくれる人に大切に扱ってもらえるよう伝えておきましょう。

業者に依頼する場合は、万が一のことを考えて損害保険に加入している業者に依頼しておくと安心です。

 

 

旧居・新居に傷が付かないように気をつける

引越しの際は、旧居や新居に傷が付かないように気をつけましょう。

賃貸住宅の場合は、室内に傷が付くと退去時に原状回復の費用を請求される可能性が高いからです。

この点は、自分で引越しを行う場合に見過ごしがちです。ビニールシートなどで床や壁を養生するなどの対策をしておくと安心です。

 

 

大阪で一人暮らし・単身の引越しなら「何でもワークス」がお得

大阪で一人暮らし・単身の引越しを安く済ませたいなら、ぜひ、私たち『何でもワークス』にご相談ください。

料金は「1時間あたり3,000円+出張費2,000円」で、繁忙期など関係なく一律です。

車が必要なお手伝いは別途車両費がかかります。)

荷物の運搬はもちろん荷造りや荷解き、大型家具の分解・組み立て、不用品の処分といった作業も対応いたします。相談のうえ、予算に合わせて必要な作業だけをご依頼いただくことも可能です。

また、最大1億円の損害保険に加入しており、作業の際は養生を行うなど安心の体制でお手伝いさせていただきます。

「引越し業者に頼むほどではないけど一人では難しい」という場合は、ぜひご利用ください。

https://xn--wtqs2dp1j4ndqq4h.com/nimotu

まとめ

一人暮らし・単身の引越し費用を節約するためには、状況に応じて最適な方法を選ぶことが大切です。

荷物の量が少ないときは単身パックや宅配便。荷物の量が多いときは自力で引越しする、便利屋に依頼するなどの方法が効果的です。

いずれにしても少し手間はかかるかもしれませんが、引越し業者に丸ごと依頼するよりも費用を節約できる可能性が高いでしょう。ぜひ浮いたお金で新居での生活を豊かにしてくださいね!

まずは相談してみよう!

直接電話でお問合せ!

専用フォームからお問合せ!

LINE@予約