【休業のご案内】

大変申し訳御座いません。
現在何でもワークスは、スタッフ不足に伴い休店しております。


再開の目処が立ちましたら、ホームページにて改めてご案内を致します。



【代行】幼稚園並び代行なら八尾市の便利屋何でもワークスへ!

こんにちわキムカズです。
便利屋ではこの時期に幼稚園への並び代行業務依頼が多数入ってきます。
「なぜ幼稚園の並び代行業務なのか?」
「本当に並ばないといけないものなのか?」
「どのぐらい並ぶ時間があるのか?」
今回は便利屋としてこのテーマに触れていきたいと思います。

願書のやり取りで行列が出来る

幼稚園へ提出する願書のやり取りで長蛇の行列が並ぶことは本当です。
最近でこそ珍しい話ではありません。
地方部・都心部に関わらず保育園に行く子たちが増えているにもかかわらず
現在は保育園より幼稚園の数が少なくなっており、入園させるのが狭き門となっているのです。
希望する幼稚園に子供を入園させる為に多くの保護者が集まるので行列が出来るわけです。

願書で並ばなければならない2パターン

ー パターン1・願書の入手で並ぶ ー

幼稚園では願書提出の数週間前に願書の配布を行います。
配布方法は以下の様なケースがあります。

・説明会・見学会の参加者に限り願書を配布
・幼稚園のホームページ等で願書データをダウンロード
・1週間ほどの期間を設け。期間内来援した希望者に願書を配布
・配布日時を指定し、来園した希望者に願書を配布
・配布日時を指定し、来園した希望者に先着順で願書を配布

この様なケースの中で願書入手にあたって並ぶ必要性があるのは
先着順であったり定員数が決まっているケースです。

未就園児の参加者で希望する家庭に優先して願書を配布し
残り枠の数のみ願書を配布ケースもあります。
ようは早い者勝ちみたいな場合がある為、願書をめぐって
行列が出来るのです。

ー パターン2・願書の提出で並ぶ ー

願書の提出時の為に並ばないといけないケースもあります。
実は何でもワークスで依頼が入っている代行業務もこの提出時の並び代行です。
希望者全員に願書を配布しても受付は先着順となるよくあるパターンです。

先着順で願書を受付し、定員に達し次第締め切るというケースでは
その場で入園の可・不可が決まってしまいますので大切なお子さんを
入園させるために保護者も不安や緊迫の色が隠せない場となります。

先着順の願書のやり取りはまさに戦争状態

戦争状態といっても別に北斗の拳の様にヒャッハーな事になるわけではありません。
しかし、先着順での願書やり取りの場合はその入手・提出に関わらず背景には熾烈な
争いの影があります。

願書が先着順であるかどうかは幼稚園によって異なりますが、
例えば「先着60名にしか願書を配らない」という幼稚園の場合は
その60番目以内に入り、願書を入手しなければならないという事です。

では60番目で受付が終了してしまい61番目の人は願書を受け取れないのか?
実は必ずしも願書を受取れないわけではありません。
園によってはですが依頼書を提出してキャンセル待ちを受付している場合があります。
先着者の中でキャンセルが出た時はキャンセル待ちをしていれば
60番目以降の人でも願書の受取が出来る場合もあります。

嘘?本当?並ぶ時の話

上記でご紹介したように、実際に幼稚園の願書の入手・提出に関わらず
希望する園や人気園等にお子さんを入園させるためには行列が出来るという事が
お分かりいただけたかと思います。

しかし行列が出来ると言っても年によって倍率がかなり変わってくるという事もあるので
一概に必ず長い行列が出来る!とも断言は出来ません。
しかし「徹夜をした」「3日前に並んだ」という話も実際にあるのだとか・・・。
中にはテントを持参した方もいたという嘘か本当かわからない様なお話も。

地域ごとによってその背景は近隣にお住いの方しかわからない事もあるので
とにかくご近所さんや在園児の保護者から情報収集をしておくのが良いかもしれません。

しかし、近年では徹夜や早朝から並ぶことを禁止している幼稚園もあるようです。
朝早くから並ばれても近隣に迷惑が掛かってしまったりクレームのトラブルを避ける為もあるのでしょう。
現在ではコロナウイルスの影響から密を避けるために郵送のみで受付をしていたり
列を作らない様に工夫を各園しているようです。

便利屋での代行業務をうまく活用しよう!

願書配布日や提出日にに忙しくて参列できないというケースから
代行業務を利用される方も少なくありません。
配布が先着順であったり、人気の幼稚園の場合は願書の受取・提出の為に
並ばなければならない事もあります。
ここ最近ではコロナウイルスの影響下もありよほど早い段階から
並ぶ人は少なくなってきてはいますが、早朝の時間帯や仕事・家庭の事情から
どうしてもうまく時間が取れない時は並び代行を依頼するのも1つの手段です。

ただ並ぶだけと言っても1時間2時間、場合よっては3時間以上並ぶ場合もありますし
立って過ごすのはとても体力も使います。
本来であれば大事な我が子を入園させる為に「保護者自らが並んであげたい」という気持ちも
もちろんありますし、それが最良だと筆者自身も思う部分はありますが、
どうしても時間が取れない・やむを得ない場合や
併願したい園があるなどの事情の場合は並び代行業務も視野に入れてみましょう。
八尾市の便利屋何でもワークスでは代行業務もご相談・承りしています。

【何でもWORKS】
大阪府八尾市本町1-4-10
電話番号:090-8526-1098
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休営業

まずは相談してみよう!

直接電話でお問合せ!

専用フォームからお問合せ!

LINE@予約